【CD】『KING JAM OUT HERE MIX』 KING JAM [KJCD-031]

【CD】『KING JAM OUT HERE MIX』 KING JAM [KJCD-031]

販売価格: 1,290円(税込)

△(在庫わずか)
数量:

商品詳細

KING JAMのMIX CDシリーズがリニューアルして帰ってきたっ!!!!

今回KING JAMは20年目を迎えKING JAM OUT HERE MIXとしてリニューアルし5月5日こどもの日に発売が決定!!!!タイトルにある「OUT HERE=まだここにいるぞ!」に込められた想いは、21年目になっても尚 サウンドマンとして高みを目指し活動し続けていく!という決意。今回もKING JAMにしか出せないスタイルの一枚となっているので是非チェックを!
最新ダンスホールレゲエは、ジャマイカで話題の6ixからSquash、Teejay、Chronic Law、そしてVybz Kartel、Mavado、Aidonia、Masicka、そしてジャマイカの大期待新人女性アーティストKoffee、そしてHIP HOPの現場でヘビーローテーションされてる Travis Scott、Tyga、Post Maloneに加え、ニューヨークの現場でかかりまくってる曲、そしてヨーロッパツアーで体感した世界ヒットのAfro Beatsなどをたっぷりと収録。2019年ずっと聴いてもらえる一枚に仕上がった!
ジャケットには、KING JAMのメンバーでもあるミキルーニーがエンジニアとして「BEST OF R&B アルバム」のグラミー賞を受賞したことを記念したレッドカーペットを。スニーカーを履かせているのは、サウンドマンがストリートから努力してレッドカーペットを歩いたことをイメージしている!!!

TRACK LIST
1. Intro
2. Kodak Black ft Travis Scott & Offset – Zeze
3. Tyga ft Nicki Minaj – Dip (Remix)
4. Tyga, G Eazy & Rich The Kid – Girls Have Fun
5. Mustard ft Migos – Pure Water
6. Post Malone – Wow
7. Rich The Kid – Splashin
8. A Boogie Wit Da Hoodie ft Tyga & Offset – Startender
9. A Boogie Wit Da Hoodie – Look Back At It
10. City Girls – Not Ya Main
11. City Girls – Act Up
12. 6ix9ine ft Tory Lanez – KIKA
13. Lil Pump ft Lil Wayne – Be Like Me
14. Blueface ft Cardi B & YG – Thotiana (Remix)
15. Kanye West & Lil Pump ft Adele Givens – I Love It
16. Davido – If
17. Davido – Fall
18. Popcaan ft Davido – Dun Rich
19. Lil Duval ft Ball Greezy & Snoop Dogg – Smile Bitch
20. Tinashe ft Ty Dolla Sign & French Montana – Me So Bad
21. Munga Honorable – Nah Mad
22. Dexta Daps – Just Gwaan
23. Stylo G & Fanatix ft Nicki Minaj & Vybz Kartel – Touch Down (Remix)
24. Beniton Jack Frostt – Touch Down Reflip
25. Ding Dong ft Popeye Caution – Good Thing Dem
26. Mavado – Me Alright
27. Teejay – My Type
28. Ding Dong ft Boom Boom – Vibes
29. Teejay ft Beenie Man – Up Top Party
30. Vybz Kartel – Poco Whine
31. Shenseea – Beat Me Congo
32. Kermar Highcon – So Saucy
33. Xyclone – It`s You That I Need
34. Vybz Kartel ft Lli Sanchea – Pandora
35. Jugglerz ft Gage – Good Body Gyal Fi Get Things
36. Busy Signal – Got To Tell You
37. Jayds – White Liver
38. Mad Patience – Inna The Club
39. Govana – Hombre
40. Aidonia – Big Baller
41. Squash – Money Fever
42. Squash – Ohh Lala La
43. Chronic Law – Government
44. Rygin King – Star Life
45. Teejay – Grimy
46. Teejay – Shub Out
47. Vybz Kartel – Any Weather
48. Jahvillani – Wide Side Government
49. Teejay & Ding Dong – Braff
50. Shenseea – Trending Gyal
51. Koffee – Rapture
52. Koffee – Toast
53. Mavado – Big Like Jesus
54. Noah Powa – Keep The Same Energy
55. Masicka – I Know
56. Masicka – Gifted
57. Squash – No Complain
58. Govana – Loyalty
59. Noah Powa × ZJ Liquid – Dem Nuh Like We
60. Vybz Kartel ft Squash – Can`t Be The Same
61. Quada – Hail
62. Teejay – Owna Lane
63. Chronic Law – Hillside
64. Quada ft Jah Vinci – Celebration
65. Skip Marley – Lions

KING JAM

1998年にPikkalが大阪のクラブを中心にレゲエとして活動を開始する。その2年後単身Pikkalが活動の枠を広げる為に、ニューヨークに渡米し現地で活動を開始する。現在メンバーは、Pikkal、Steel-T、Miki Rooney、Hajiの4人。2001年から、ニューヨークでブロンクスのダンスに定期的に出演。メンバー全員ニューヨークで長期滞在の経験を持つ。2006年には、カリブ諸島で放映されている『MTV TEMPO』の番組『Pull Up Selector』にゲスト出演。今までには、ジャマイカやニューヨークのビッグサウンドやアーティストとのイベントにゲストとして出演し、その他ではアトランタ、ニュージャージ、ワシントンDC、コネチカット、ノースキャロライナ、そしてアメリカ国内に留まらず、カリブではアンティーガ、バハマ、バミューダ、ヨーロッパではロンドン、ドイツ、イタリア、スイス、ポルトガル、スウェーデンへ。そして2016年には日本人のレゲエサウンドでは初となるミドルイースト イスラエルにも呼ばれてツアーをし、インターナショナルな活動を続けている。2011年の2月、3月に2週間連続、ブロンクスのサウンドクラッシュに出場し優勝を果たす。もちろん毎年、日本全国のイベントにも出演している。2017年10月からラジオ関西558にて毎週金曜日にラジオ番組を持ち、新たなキャリアもスタートし、国内、海外を股に掛ける今もっとも勢いのあるレゲエサウンドです!